57歳 心の拠り所が必要なとき

豊かなセカンドライフスタイル

何もかもが

変わっていく瞬間があります

今まで

嘆いていたことが

突然どうでもいいことに

思えてくるのです

〜アイリス・マードック〜

「心の拠り所は持っている?」

57歳ともなりますと

”心の支え”となるものが

必要だな、、、と

つくづく思うことがあります

 

 

何歳になっても

甘えたい時だってありますものね♪

 

 

心の支え=心の拠り所

 

 

心の拠り所って

心理学的には”心の安心基地”という

考え方があるそうですね

 

 

心がざわついて不安になった時

精神的に不安定になっている時

 

など・・・

心がポキッと折れてしまいそうなとき

安心感を求め

包み込んでくれるところが

心の拠りどころ

 

あなたは心の拠り所を持っていますか?

 

右腕の骨折で

しばらくの間、仕事はもちろん

家のことも

中々思うようにできずにいると

心って不安定になるものですね・・・

 

そんな時ほど

心の拠り所って大切な存在

 

改めて

人って支えが必要なんだな、、、と思いました

 

この経験は

今後のコンサルなどに活かせそう♡

「生きがいにつながる拠り所」

心の拠り所は

生きるための充電器みたいなもの

かもしれませんね

 

 

落ち込んでも

もう一踏ん張りしよう!と

エネルギーが湧いてきたりします♡

 

 

毎朝の習慣となっている

愛犬とのお散歩時に立ち寄る

早朝の神社参りは

心の拠り所の一つになっています

 

 

150段の階段

さらに坂道になっている参道を

登りきって

ようやく玉砂利の音を聞きながら歩く

 

手を合わせてお参りして

エネルギー充電完了♫

 

 

自分の大切な人生なのだから

心の拠り所で癒されて

生きがいを見つけて歩んでいこう♡

ピックアップ記事

  1. この記事へのコメントはありません。