アラカン世代に必要な心からの思いやり

豊かなセカンドライフスタイル

他人への

心からの思いやりは

自分に余裕があってこそ

生まれます

〜叶恭子〜

 

「アラカン世代の心の寄り添い」

冬季鬱という言葉もあるくらい

冬はなんとなく心が沈んでしまいがち・・・

 

先日、お仕事の打ち合わせが終わった際

「声のトーンがいつもより

元気がないようだけれど何かあったの?」

と、、、!

 

 

しまった〜〜〜〜

声のトーンが低かったのかぁ、、、

いつも通りに話していたと思ったんだけれど

だめだなぁ、、、わたし、、、反省

 

 

それにしましても

相手の立場や気持ちを

理解しようとしてくれること

 

 

わたしが今

悲しいのか、落ち込んでいるのか、

そっとしておいて欲しいのか、、、

こんな心の状態を察してくれ

そっと寄り添ってくれる言葉に

感謝が止まりませんでした

 

ありがとう♡

「自分の弱さを知る」

アラカン世代になった今

わたしって結構、、、弱いなぁ、、、と

思うことが度々あります

 

 

自分は強い女だと思っていたけれど

そうでもありませんでした、、、ちーん

 

 

そんな わたし

アラカン世代になってから

 

ポキッと心が折れそうになりながらも

なんとか踏ん張っている状態の時は

 

今、この状況を

どう生き抜いていくのかを

考えなければ!と

自分に言い聞かせています

 

 

誰かに何かをしてもらう

守ってもらうとかの甘さはダメよ

 

 

 

生き方や働き方を変えていき

ポキッと折れる前に起き上がるのだ!

 

 

アラカン世代になってようやく

自分の中にある弱さと強さが

バランスよくなっていくのかな、、、♡

 

でも、、、

本音を言うと守ってもらいたい、、、笑

ピックアップ記事

  1. この記事へのコメントはありません。